FX

FXの経費9個と確定申告で経費計上するポイント

  • FXで経費に使えるものを知りたい
  • FX経費を計上するとどれくらいの効果があるの?

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

 

本記事を書いている私はFXトレーダーとして活動してます。

本記事の信頼性を担保する情報

筆者の投資歴は、野村證券時代を含めると7年ほど

FXのみの収入で月収7桁を達成

某大手証券会社のFXダービーで全国5位に入賞

ファイナンシャルプランナーとして活動

 

『FXの経費の具体例』『経費の書き方』『経費で計上するときのポイント』などFX確定申告の経費の書き方やポイントを紹介しております。

 

この記事を読み終えることで、『FXで経費に計上できるもの』『経費計上する際のポイント』が明確になります。

確定申告でFXに経費ってあるの?

確定申告するときにFXは経費を計上することが可能です。

 

なぜなら、経費を計上することで支払う税金を抑えることができるからです。

 

 

FX確定申告:経費の具体例

FXの経費を9個紹介します。

《経費の具体例》

  • セミナー代
  • FXコンサルで利用したカフェ代
  • 交通費
  • 本代・新聞代
  • 売買手数料・振込手数料
  • 通信費
  • 消耗品費
  • パソコン代
  • EAなどのシステム購入費

 

確定申告FXの経費:セミナー代

FXセミナー参加のためのセミナー代は経費となります。

領収書は必ず取っておきましょう。

 

また、セミナーに行く際に発生した交通費も経費になりますので

領収書がある場合は合わせて残しておくと良いです。

領収書がない場合は、いくら使ったのか。メモしておきましょう。

 

確定申告FXの経費:FXコンサルで利用したカフェ代

FXのコンサルを受けるために利用したカフェ代は経費となります。

領収書やレシートは必ず取っておきましょう。

 

また、レシートの裏に何のためにカフェを利用したのか?

コンサルのためでしたら『FXのコンサルで利用』といったメモをしておくと

相手にはより明確に利用目的が伝わりますね。

 

ただし、カフェで『食事』をした場合

食事代は経費として難しいことがありますので注意してください。

 

確定申告FXの経費:交通費

セミナーやコンサルを受けるために使った交通費は経費として落とせます。

 

セミナーやコンサル受講のために移動した交通費は領収書やレシートがないためノートにメモしておきましょう。

 

今は交通ICカードで『いつ』『どこで』使ったのか時間が経過すると把握するのが難しいので

スマホのメモ機能や手帳にメモしておくとあとあと分かりやすいです。

 

『交通ICの利用履歴を確認できる』おすすめアプリ:ICカードリーダー

『ICカードリーダー』は、スマホに交通系ICカードをかざすと直近1ヶ月の利用履歴を見ることができます。

iPhoneの方はコチラ

Androidの方はコチラ

 

確定申告FXの経費:本代・新聞代

FXのための本代や新聞代は経費として計上できます。

特に書籍に関しては『FX関連』と明確になっているため経費として認められやすいです。

また、投資に関する有料のメルマガや配信サービスも経費として落とすことが可能。

 

確定申告FXの経費:売買手数料・振込手数料

FX取引のときにかかった売買手数料や口座に振り込む際の振込手数料は経費として落とせます。

FXの取引上必要なものと明確になるから。

 

しかし、スプレッドに関してはすでに損益として反映されているため経費にはなりません。

確定申告FXの経費:通信費

インターネット代や携帯代といった通信費は経費として一部認められます。

なぜなら、通信費全額がFXのために使われている訳ではないから。

 

インターネット代などは、多くが家で家族と共有、プライベートとしても活用しています。

つまりインターネット代全額100%がFXのために使われている訳ではありません。

 

そのため、通信費は全額ではなく一部を経費として落とすことが可能になります。

ただし、一部経費として計上するの場合は『明確な根拠』も必要になります。

確定申告FXの経費:消耗品費

FXのために使った筆記用具やコピー機のインク代といった消耗品費も経費として落とせます。

 

しかし、インク代などはそのほかの書類の印刷などでも使う場合は全額経費で落とすのは難しいので一部を経費申請するようにしましょう。

 

確定申告FXの経費:パソコン代(減価償却)

FXのために購入したパソコンは経費として落とせます。

ただし、家族共有で使う場合や別の仕事でも活用する場合は全額経費計上は難しいです。

 

FXとして活用している明確な基準があり、それが説明可能な場合は経費として計上可能です。

 

パソコンを経費で計上する方法

パソコンを経費で計上する場合は、パソコンの金額によって計上方法が変わります。

パソコンの金額計上方法
10万円未満一括計上
10万円以上20万円未満減価償却(3年)
20万円以上減価償却(4年)

10万円未満のパソコンに関しては、購入した年に一括して全額経費として落とせます。

しかし、10万円以上のパソコンは3~4年かけて経費として計上していきます。

 

例えば

FXのためにパソコンを20万円で購入しました。

20万円以上のパソコンは、耐用年数が4年なので

20万円の1/4、つまり5万円を毎年経費として計上していくことになります。

ココに注意

ただし初年度に関しては、所有していた月数で5万円を按分しなければなりません。

なので年末の12月に駆け込みで20万円のパソコンを購入したとしても

最終的にその年の経費として計上できる金額は5万円の1/12、つまり約4,000円程度になります。

こうみると年末の駆け込みで購入しても経費としての魅力は薄いですね。

 

確定申告FXの経費:EAなどのシステム購入費

EA(自動売買)などのシステム購入費は、経費計上が可能です。

 

ただし、インターネット上で購入した場合は領収書を印刷して保存する必要があります。

高額なEAや商材であればかなりの節税効果が期待できますね。

 

FX確定申告で経費申請するポイント

FXの経費を計上するポイントは『FX使ったことを明確に説明できること』

なぜなら、FX経費は『FXの利益を出すために必要となった経費』となるから。

 

国も税金は必要なので『これって、本当に必要?』というものは突っ込みたくはなりますよね。

 

FX確定申告で経費計上するポイント:領収書は7年の保管義務がある

必要経費として申請した領収書は『7年間保管する義務』があります。

なので「申請したし、もういいや」と捨てないように注意してください。

「数年後に税務署に指摘される」

なんてこともあり得ます。

また『7年前のことなんて覚えてられない!』

そんな方は、領収書の裏にメモ程度でいいので「何に使ったのか」書いておくと

いざという時に便利ですよ。

というより普通に覚えてないと思うので以下のポイントは意識すると将来役立ちます。

《FX確定申告で経費計上するポイント》

  • 領収書は必ずもらう
  • 領収書の裏に何のために使ったかメモしておく

FX確定申告:経費の書き方

経費の書き方はシンプルです。

『先物取引に係る雑所得等』の『必要経費』記入欄がありますので、こちらに経費の項目と金額を記入すればOK。

関連
《2020年版》FX確定申告を迷わずに進める書き方【会社にバレずに申告する方法も紹介】

続きを見る

FX経費を確定申告で活用して節税上手に

確定申告の際に上手に経費を活用して節税しましょう。

経費を上手に活用することで、余計な支払う税金が減り、その分自己投資に当てられますよ。

《FX確定申告で経費計上するポイント》

  • 領収書は必ずもらう
  • 領収書の裏に何のために使ったかメモしておく

《経費の具体例》

  • セミナー代
  • FXコンサルで利用したカフェ代
  • 交通費
  • 本代・新聞代
  • 売買手数料・振込手数料
  • 通信費
  • 消耗品費
  • パソコン代
  • EAなどのシステム購入費

 

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.