FX

いくらから確定申告は必要?FX税金の対策方法も一緒に解説

 

  • FXでいくら利益が出たら申告が必要になるの?
  • 私は確定申告が必要か知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

 

本記事を書いている私はFXトレーダーとして活動してます。

本記事の信頼性を担保する情報

筆者の投資歴は、野村證券時代を含めると7年ほど

FXのみの収入で月収7桁を達成

某大手証券会社のFXダービーで全国5位に入賞

ファイナンシャルプランナーとして活動

 

『FXの税金の計算方法』『FXはいくらから確定申告が必要なのか』などFX確定申告について解説しております。

 

この記事を読み終えることで、『自分が確定申告が必要か』が明確になります。

実際の税金はいくら?具体的なFXの税金の計算方法

あなたの実際のFX税金はいくらなのか?具体的なFX税金の計算方法は以下のようになっています。

FX税金の計算方法

FXの所得×20.315%=FXの税金

FXの取引損益ーFXの必要経費=FXの所得)

 計算式をみてもわかるように

FXの税金は、『FXの所得』に対して発生し

『FXの所得』に対して20.315%が税金として

私たちは国に納税する。

 

毎年1月1日~12月31日までに得た所得を計算し、申告して納税する一連の手続きのことを『確定申告』と言います。

【FX確定申告】いくらから必要なのか?

FXの確定申告には、『申告する必要がない人』もいます。

その目安が『1年間の利益』です。

 

まずあなた自身が『確定申告が必要かどうか?』を確認しましょう。

 

【FX確定申告】いくらから必要なのか?:会社員の場合

『年収が2000万円以下』でかつ『FXの利益が20万円以下』の会社員は申告が不要です。

 

ただし、会社にバレたくないという方は、「自分で納付』を選択してください。

 

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が20万円以下の場合となります。

 

【FX確定申告】いくらから必要なのか?:年金受給者の場合

『年間受給額400万円以下』でかつ『FXの利益が20万円以下』の年金受給者は申告が不要です。

 

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が20万円以下の場合となります。

 

【FX確定申告】いくらから必要なのか?:主婦の場合

主婦の場合は、パートの有無で考え方が変わります。

 

主婦でパートあり(年間給与65万円以下の方)

『年間給与が65円以下』でかつ『FXの利益が38万円以下』の主婦の方は申告が不要です。

 

*給与所得控除額として65万円の控除があるため、給与所得がゼロの扱いになります。

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が38万円以下の場合となります。

主婦でパートあり(年間給与65万円以上の方)

『FXの利益が20万円以下』でかつ『年間給与とFXの利益が103万円以下』の主婦の方は申告が不要です。

 

※給与所得控除額として65万円の控除があるため、給与所得がゼロの扱いになります。

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が20万円以下の場合となります。

 

バイトなし

『FXの利益が38万円以下』の方は申告が不要です。

 

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が38万円以下の場合となります。

 

【FX確定申告】いくらから必要なのか?:学生の場合

学生の場合は、バイトの有無で考え方が変わります。

 

学生でバイトあり(年間給与65万円以下の方)

『年間給与が65円以下』でかつ『FXの利益が38万円以下』の学生の方は申告が不要です。

 

※給与所得控除額として65万円の控除があるため、給与所得がゼロの扱いになります。

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が38万円以下の場合となります。

 

学生でバイトあり(年間給与65万円以上の方)

『FXの利益が20万円以下』でかつ『年間給与とFXの利益が130万円以下』の学生の方は申告が不要です。

 

※給与所得控除額として65万円の控除があり、さらに学生の場合は勤労学生控除として27万円の控除があるので、給与所得がゼロの扱いになります。

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が20万円以下の場合となります。

 

バイトなし

『FXの利益が38万円以下』の方は申告が不要です。

 

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が38万円以下の場合となります。

 

【FX確定申告】いくらから必要なのか?:自営業の場合

『FXの利益が38万円以下』の方は申告が不要です。

 

ココに注意

FX以外にも副業をやっている方は、「FXの利益+副業の利益」が38万円以下の場合となります。

 

【FX確定申告】申告には期限がある

確定申告には期限があります。

 

2019年度申告の期間

2020年2月17日(月)〜2020年4月16日(木)

 

この期間内に必ず終えるようにしてください。

 

2020年はコロナウイルスの影響で1ヶ月延長されていますが、例年は3月15日頃が期限となっていますので2021年の確定申告の際は日程のご確認をしてください。

 

【FX確定申告】税金対策次第でいくら納税するか決まる

FXは経費計上ができます。

FXの所得の計算方法

FXの取引損益ーFXの必要経費=FXの所得

FXの取引損益には、『スワップ』も含めます。

 

こちらの計算式をみてわかるように

FXの所得は、『利益』から『必要経費』を差し引いて求めます。

つま経費申請こそが税金対策で超重要なポイント!

 

《主な税金対策》

  • 経費
  • 繰越損失

 

【FX確定申告】いくらの納税するか?:必要経費

《経費の具体例》

  • セミナー代
  • FXコンサルで利用したカフェ代
  • 交通費
  • 本代・新聞代
  • 売買手数料・振込手数料
  • 通信費
  • 消耗品費
  • パソコン代
  • EAなどのシステム購入費

FXの経費計上のポイントで詳しく解説しているので、読んでみてください。

 

【FX確定申告】いくらの納税するか?:繰越損失

FXは、今年出した損失を3年間の損失繰り越すことが可能です。

簡単にいうと、今年出た損失は来年から3年間の出た利益と相殺できます。

 

こちらの画像の場合

本来150万円の約20%で約30万円が税金として支払いが発生するところ

損失の確定申告をして損失を繰り越したことで支払う税金がなくなりました。

つまり損失繰越は、『将来の節税』になります。

 

FXで損失を出した時の確定申告で詳しく解説しているので、読んでみてください。

 

【FX確定申告】いくらからでも申告すべき事実

FXで利益の大小に関わらず、いくらからでも確定申告をした方が良い。

なぜなら、『住民税の申告』が利益の大小に関わらず必要だからです。

年38万円未満は申告不要?実は確定申告をした方が良い理由」で詳しい解説をしています。

解説
年38万円未満は申告不要?実は確定申告をした方が良い理由

続きを見る

 

 

-FX
-,

Copyright© Kazuoブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.