FX

FX初心者のためのチャートの見方【チャートが見やすくなる分析方法3ステップ】

Kazuo(@kazuo_blog)です。

 

「FXチャートの正しい見方がわからない」

 

本記事の内容

本記事で解消できる悩み

チャートの見方を知りたい

チャートを正しく読みたい

本記事を書いている私はFXトレーダーとして活動してます。

本記事の信頼性を担保する情報

筆者の投資歴は、野村證券時代を含めると7年ほど

FXのみの収入で月収7桁を達成

某大手証券会社のFXダービーで全国5位に入賞

ファイナンシャルプランナーとして活動

 

 

スポンサードサーチ

目次

FXで勝つためにはチャート分析は前提条件

FXで勝つためにはチャートを読めるようになる必要があります。

そして、読めるだけでなく分析・予測する力が前提となります。

 

今回は、初心者にもわかりやすく

チャートを見る方法、正しい見方をお伝えしていきます。

 

FXチャートで覚えて欲しい用語

これからFXチャートについて解説するときに

覚えて欲しい用語がありますので先に解説します。

  • ローソク足
  • レジスタンスライン、サポートライン

FXチャートの見方:ローソク足

チャートで表示されているこんな感じのグラフをローソク足と言います。

他にもバーチャートやラインチャートなどありますが

メジャーなものは『ローソク足』なので、ローソク足だけで大丈夫です。

 

ローソク足は簡単にいうと

「一定期間の価格の値動きを表したもの」

陽線(ようせん)終値が始値より高い値で確定した時のローソク足
陰線(いんせん)終値が始値より安い値で確定した時のローソク足
始値(はじめね)ローソク足で最初に使い値
終値(おわりね)ローソク足で最後に使い値
高値(たかね)一番高い値
安値(やすね)一番安い値

 

 

また『一定期間』の長さによって

  • 5分足(ごふんあし)
  • 15分足(じゅうごふんあし)
  • 1時間足(いちじかんあし)
  • 4時間足(よじかんあし)
  • 日足(ひあし)
  • 週足(しゅうあし)
  • 月足(つきあし)

となります。

 

『チャートとは、ローソク足の動きの集まり』であり

『チャートを制するものはFXを制する』

 

それほどローソク足は重要なポイントで深いものになります。

FXチャートの見方:レジスタンスライン、サポートライン

次は、『レジスタンスライン』と『サポートライン』です。

簡単に言うと

レジスタンスライン(上値抵抗線)=高値でなかなか上に抜けるのが難しい価格帯

サポートライン(下値支持戦)=安値でなかなか下に抜けるのが難しい価格帯

 

重要なポイントは、『価格帯』であると言うこと。

このポイント!!とピンポイントでしっかりと形成されることはありません。

 

『この辺で意識されているな』という

『この辺』を忘れないようにしましょう。

 

よくある質問:ヒゲに引いたほうがいいですか?ローソク足本体に引いたほうがいいですか?

チャート上で抵抗を見るといきに引くライン。

水平線やトレンドラインなどありますが実際に引いて見ると

「ヒゲに合わせるべきか。本体に合わせるべきか?」悩みます。

 

答えは、《より投資家の意識されている方》

あくまで『価格帯』です。

 

実際に水平線を引いてみると

『ヒゲに合わせた結果、ほかのローソク足では本体だった』

みたいなことはよくあります。

 

だからこそ、より意識されているライン。が答えになります。

スポンサードサーチ

FXチャートの分析:チャートには3種類のトレンドがある

チャートには

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ(ボックス)

の3種類のトレンドがあります。

 

このトレンドを見極めることがFXで勝つためには非常に重要になります。

 

FXチャートの分析:上昇トレンド

上昇トレンドは『全体が上昇しているトレンド』です。

このような相場では、流れに逆らわず

上目線で『買い』を狙っていくのがベターな戦略となります。

 

FXチャートを見やすくするための分析方法:上昇トレンドかどうか困ったときに見極め方

「これって、上昇トレンド?」と困ったときは『高値と安値の切り上げ』を見てください。

上昇トレンドの定義に『高値と安値がともに切り上がっている』となっていますので

『高値』と『安値』に注目して見ていくと見極めやすくなります。

 

FXチャートの分析:下降トレンド

下降トレンドは『全体が下降しているトレンド』です。

このような相場では、流れに逆らわず

下目線で『売り』を狙っていくのがベターな戦略となります。

 

FXチャートを見やすくするための分析方法:下降トレンドかどうか困ったときに見極め方

「これって、下降トレンド?」と困ったときは『高値と安値の切り下げ』を見てください。

上昇トレンドの定義に『高値と安値がともに切り下がっている』となっていますので

『高値』と『安値』に注目して見ていくと見極めやすくなります。

 

FXチャートの分析:レンジ(ボックス相場)

レンジは、『トレンドが出ていない相場』です。

一定幅(レンジ)を行き来することが多いため

買いと売りを上手にトレードしていけば短期的に利益を取ることが可能な相場です。

 

 

よくある質問:どれが高値か安値かわからない

「なるほど!高値と安値を見極めたらいいんだな!」

と実際にチャートを見てみると「高値や安値がどこか分からない」

そういった質問をよくいただきます。

 

結論:人によります。慣れや経験(誤差力を鍛える)

元も子もない言い方ですが

慣れや経験になります。

 

経験を積むことで

「これは誤差だな」

というのが感覚で分かってきます。

 

しかもこの誤差は

『投資家によってが変わります』

 

ですので、一番重要なことは

『多くの投資家にとって意識されているのはどこか?』

ということです。

 

「自分は気になるけど、そのほかの人にとって気にならなそうだなぁ」

という部分は『誤差』になります。

 

FXチャートが見やすくなる分析方法3ステップ

FXチャートが見やすくなる分析方法3ステップを紹介します

  1. 上位足のトレンドを見る
  2. 上位足の抵抗を見る
  3. 下位足のトレンドを見る

 

FXチャートが見やすくなる分析方法ステップ1:上位足のトレンドを見る

チャートを理解するための正しい見方のステップ1は

『上位足のトレンドを見る』です。

これは、見ているチャートの大きな流れ(トレンド)を知ることが目的になります。

 

トレードをするときに、出来るだけ『大きな利益』を得たいですよね?

大きな利益を得るためには全体の流れに逆らわずにトレードすることが一番です。

全体の流れを知るために『上位足のトレンドを見る』ことが必要で、

ここでメインは『買い』を狙うのか?『売り』を狙うのか?を決めちゃいます。

 

FXチャートが見やすくなる分析方法ステップ2:上位足の抵抗を見る

ステップ1で『上位足の流れを見て』、流れがわかった!さぁ取引だ!!

とはなりませんw

チャートの中にも順調にトレンドが進んでいくステージとなかなか進まないステージがあります。

ステップ2では、なかなか進まないステージ。『抵抗を見ていきます。』

簡単にいうと、レジスタンスライン・サポートラインです。

 

FXチャートが見やすくなる分析方法ステップ3:下位足のトレンドを見る

ステップ3では、『下位足のトレンドを見る』です。

ステップ1の『上位足のトレンドを見る』では、全体の流れを見ることが目的になっていましたが

ここのステップでは『直近の流れを知る』ことが目的になります。

直近の流れは上に向かっているのか?それとも下に向かっているのか?レンジなのか?

 

ここで、重要なポイントは『上位足の流れを把握した状態で流れを見ること』

 

つまり

・上位足が上昇の流れで下位足も上昇なのか?

・上位足が上昇の流れで下位足は下降なのか?

・上位足が上昇の流れで下位足はレンジなのか?

 

できれば、無意識にそう考えるようなレベルまで持っていってほしいステージですね。

 

チャートが見やすくおまけのステップ:上位足の抵抗も一緒に意識してみる

上位足の抵抗も一緒に意識してみて、どの辺りで勢いが今後勢いが弱まりそうか?

とかいろんな予想をしてみるとなお良いです。

スポンサードサーチ

FXチャートが見やすいおすすめ証券会社

FXチャートが見やすいおすすめ証券会社:GMOクリック証券

ネット集計:文句なしダントツの1位でした。

私自身も現在活用しています。ツールも充実している上に

チャートが見やすい!使いやすい!わかりやすい!の3点セット

悩むならまずココです。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

 

FXチャートが見やすくなるおすすめの本

紹介する2冊は、私自身もチャートの本を色々読んでたどり着いた2冊です。

 

 

FXチャートが見やすくなるおすすめの本:『ずっと使えるFXチャート分析の基本 』

2018年に出版された本ですが

・チャートとは何か?

・ローソク足とは何か?

と、本当基本的な、しかも本質的なところからしっかりと書かれています。

 

私がFXを始めたのは2016年ごろですが

その頃にはこちらの本はなかったので

もっと早く読んでおきたかったと心底思います。

 

FXチャートが見やすくなるおすすめの本:『FXチャートリーディング マスターブック』

こちらの本はより実践的な内容が描かれています。

チャートもイラストではなく実際のチャートで説明し

後半には「移動平均線」や「MACD」といったテクニカル指標との組み合わせも

解説しているので、トレードしていう上でイメージしやすい本です。

 

 

スポンサードサーチ

FXチャートで分析、予想をするための重要ポイントな人間の心理

FXチャートで分析、予想をするための重要ポイントな人間の心理が大きく関係します。

 

私たちが

「買いたい!」と注文を出せばチャートは上がりますし

「売りたい!」と注文を出せばチャートは下がります。

 

悩んでいるときは、値幅が減っていきチャートも悩みます。

まさに人間の心理が現れているといっても過言ではありません。

 

その心理を考えて、自分の得意な形『だけ』戦いにいく。

そして『生き残る』これこそがトレードの勝利の法則になります。

 

あなただけの得意なポイントは見つけることが

一番の近道です。

 

私の手法が気になるかたは、こちらを参考にして見てください^^

-FX
-, , ,

Copyright© Kazuoブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.