FX

FX初心者に読んでほしいおすすめ本7選を元証券マンが紹介!

  • FXは難しくて自分にできるか不安
  • 全然知らない初心者にも読める本を知りたい

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

 

本記事を書いている私はFXトレーダーとして活動してます。

本記事の信頼性を担保する情報

筆者の投資歴は、野村證券時代を含めると7年ほど

FXのみの収入で月収7桁を達成

某大手証券会社のFXダービーで全国5位に入賞

ファイナンシャルプランナーとして活動

 

FX初心者にも分かりやすい本を『レベル別』『ジャンル別』にまとめました。

 

この記事を読み終えることで、FXを無理なく始めるための道筋が明確になります。

FX初心者に読んでほしいおすすめ本:入門書2選

まずは、『知識ゼロ』これからFXを始める方向けの本を2つ紹介します。

入門書2選

  • はじめてのFX 1年生儲かる仕組み損する理由がわかる本 一番やさしいFXの本!
  • インベスターZ(10巻〜11巻)

 

はじめてのFX 1年生儲かる仕組み損する理由がわかる本 一番やさしいFXの本!

まずは、基本的な部分をしっかりと解説してくれています。

「FXとは?」「FXで儲けるってどういうことか」など

1年生とタイトルで書いてある通り初歩の初歩から可愛いイラスト付きで解説してくれています。

間違いなく初心者向けの良本です。

 

口コミ

【FXアレルギーがなくなりました】

大変読みやすく、おかげさまで最終章の10時間目まで完読できました。 文中にあるように「当たり前のこと」が楽に理解でき、初心者の私にもFXアレルギーなくトレードに参加でき大変助かりました。 これからFXをとお思いの方、特に若いママにはぜひお勧めします。

【読みやすくわかりやすかった】

なんとなくFXに興味を持ち始めて、この本から勉強してみようかなと思って買ってみた。 この本を読んでる途中から自分はFXには向いていないとハッキリわかったのでそれだけでも非常に良かったと思う。 タイトル通り、初心者にやさしい本だと思います。

引用:Amazon

 

 

インベスターZ(10巻〜11巻)

インベスターZ自体が投資をテーマにした漫画でかなり濃い充実した内容です。

その中でFXについて描かれているのが10巻と11巻。

 

レバレッジはFX海外のように100倍200倍といった内容もありますが

FXで取り組む際の考え方や注意点、FXに取り組み始めて初心者が陥りがちなミスを

主人公がしっかりと経験してくれているのでイメージしやすいと思います。

 

内容としてはFX投資家と主人公の勝負となっていますが

FX投資家としての考え方や取り組み方は主人公ではなく

ぜひ対戦相手のFX投資家の方に注目して読んでいただけると良いですね。

インベスターZは、FXに限らず『投資全般について分かりやすく』解説しております。

特に投資の良い点だけでなく

私も大切にしているリスク管理や投資の怖いところも

分かりやすく解説してくれています。

ぜひ、全巻読んでみるのもありですね。

素直に漫画として面白いです。

FX初心者に読んでほしいおすすめ本:実践向けな本2選

ここで紹介するのは、基本的な用語を身につけてより利益を出すための土台を作っていきたい人向けになります。

特にチャートに対する考え方はしっかりと出来ているのかどうかで、今後のFXトレードの成長曲線が変わると言っても過言ではありません。

こちらでは、チャートに関する本を2つ厳選し紹介します。

チャート本2選

  • ずっと使えるFXチャート分析の基本 
  • FXチャートリーディング マスターブック

ずっと使えるFXチャート分析の基本 

この本は

・チャートとは何か?

・ローソク足とは何か?

と、本当基本的な、しかも本質的なところからしっかりと書かれています。

 

チャート分析に関する本は、基本的に海外の和訳本が多く

さらには3000円〜5000円と高額なものが多い中で、こちらは日本の本で初心者にも分かりやすく解説してくれています。

口コミ

【ロウソク足で相場が見えるようになる】

抜群の内容です。 坂田5法のようなパターンではなく、ロウソク足のもつ基本的な意味から相場を読み解く論理を解説しています。 奇抜さではなくロウソク足の原点に戻った内容ですが、他の本では一切見たことないような内容です。 パターンではないので、すべてのろうそく足の動きから現状を把握できるようになると思います。 素晴らしいです。

【全てのテクニカル分析に活かせる】

ダウ理論や高値安値の見方など、10年以上前から知ってるつもりだったが、改めてこの本を読んで正確には理解してなかったことがわかって愕然。うーん、わかった気になっていて、何たる時間の無駄。それとレンジというと、もっと長めのものだけをイメージするが、この本のようにミクロの捉え方はわかりやすくて新鮮。先入観を捨てて、値動きとチャートをイチから勉強し直し。その上で自分の得意なテクニカルと組み合わせようと思います。

引用:Amazon

FXチャートリーディング マスターブック

こちらの本はより実践的な内容が描かれています。

チャートもイラストではなく実際のチャートで説明し

後半には「移動平均線」や「MACD」といったテクニカル指標との組み合わせも

解説しているので、トレードしていう上でイメージしやすい本です。

 

口コミ

 

【せっかちな人にはお勧めしない】

基本的な事がとても丁寧に解説されていて、説明が一貫しています。本を1日2日でパーっと読んでしまう人には向いていない、というかそういう読み方をしてはもったいない良書です。ひとつひとつの記述について、自分の経験と照らしあわせてじっくり検証しながら読むことをお勧めします。この本で自分の悪い行動・思考パターンをかなり修正することができました。

【今までの中でベストな本】

今まで、様々なFX本を購入したけど、こんなに明快で、考え方がぶれていないのは、初めて。すべてに納得がいくし、無駄な文章もほとんどない。筆者の経験すべてが凝縮されており、もっと早く購入していればよかったと後悔している。

引用:Amazon

FX初心者に読んでほしいおすすめ本:資金管理編

FXで一番怖いのは『資金を溶かすこと』

資金を溶かさないために必要な技術・考え方が『資金管理』です。

こちらでは、資金管理を分かりやすく、かつ実践的な本を1冊紹介します。

 

FXに勝つための資金管理

期待値やリスクリワード、最大損失の大切さなど、

資金管理に必要な内容を実際の数字を交えながら解説されています。

「資金管理の必要性がイマイチわからない」という方には

一度読んでほしいです。

初心者でもスッと入ってくるほど分かりやすい内容です。

口コミ

 

【手法よりも資金管理の方が重要】

ツイッターなどを見ていても、結果を出しているトレーダーは皆資金管理が上手いと思う。 というより、資金管理できていなければ淘汰されるのではと思う。 当たり前すぎて誰も言ってないのかもしれない。 その当たり前に気がつくことが、トレードで勝てる第一歩なのではと思う。

【トレード許可証というユニークなルーティーン】

とてもいい!〝トレード許可証の7つの項目〟は、ブログや投資サイトや類書に見ることがなかった、素晴らしいまとまりよう。これだけまとまった知識をググって内外から集めるのには骨が折れる=年数がかかる。Forex Testerの訓練ネタをたくさん見つけることができて楽しくて仕方ない読書だ。もし、トレードをはじめたいと友人に告白されることがあったら、この本を最初に手渡すことにする。

引用:Amazon

FX初心者に読んでほしいおすすめ本:投資の本質編

FXに限らず『投資』には、いくつかの共通点があります。

投資で勝っている投資家は、その共通点(本質)を的確に理解し資産を増やしてきました。

投資の成功者が「どのようなことを考え」「どのようなことを大切にしているのか」知ることができる本を2冊厳選し紹介します。

投資の哲学本2選

  • 投資で大切な一番大切な20の教え
  • 一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

投資で大切な一番大切な20の教え

本の帯に

「世界一の投資家バフェット推薦」

ハワード・マークスからの「顧客向けレター」が届くと、私は何をおいても必ず真っ先に読むことにしている。本書は極めて稀に見る、実益がある本である

これだけで買った本です。

正直書いてある内容は、当然のことを書いていますが、だからこそ『本質』な部分になります。

若干読みにくい部分もありますが、それを有り余るくらい大切な内容が書かれている1冊です。

 

口コミ

【投資に対する考え・態度の原点】

が書かれています。投資経験が、ゼロ若しくは、殆ど無い人が読めば、ふう〜んと素通りしてしまうと思います。 実際の投資を通して、良い思い悪い思い両方を経験した人が読むと得られるもの、沢山あります。 如何に基本が大事か実際の経験を積んだ人なら、この本の意味するところ、表面的なところだけでなく、 深いところで理解できると思います。 某有名ネット証券会社のストラテジストの方がこの本を紹介されて、初めて知りました。 投資本、有害なもの含め、世に余るほどありますが、投機ではなく、 投資をする人向けに書かれた真っ当で、骨太な投資に対する考え方や態度が身に付く貴重な本です。

【投資入門として必読】

投資を始める人はまず読んだほうが良いと思います。 具体的な投資手法ではなく、思考方法をインプットするのに役立ちます。

引用:Amazon

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

個人投資家cis氏が投資において何を大切にしているのか?を知ることができる1冊です。

一個人が書いているため自叙伝の要素もありますが、

例えば「ゲームに9000万円の課金をした」といったスケールが桁違いのため面白いです。

 

『投資哲学』というタイトルの通りに

当然ながら投資において何を大切にしているのか?もしっかり書かれています。

口コミ

【良い本だと思います】

あの天才投資家cisさんの本。 あまり期待せず読み始めたが、自分にとっては予想外に良い本でした。 具体的な手法はあまり書いていないものの、そんなことはどうでも良い。 手法など相場環境が変わればすぐに通用しなくなるからです。 そんなものより、著者のような優れた投資家が普段どのような考え方に基づいて取引しているかということが知りたかったので、本書は私にとってはとても面白く感じられました。 著者は本当にトレードを楽しんでいるんですね。上達のコツはたのしむこととよく言いますが、トレードでもそうなんだろうなあと思うようになりました。 あと、著者が基本的に長期投資はやらないのは驚きましたし、考えさせられました。 長期の予想はできないが、短期ならいま売られている、あるいは今買われていることは板をみれば優位性があるという指摘です。 良い本だと思います。おすすめです。

【人によっては無価値。人によっては無限の可能性を拓く】

これは大きな鏡と思った。 読み人が明かりの下にいるか、暗闇にいるかで見え方が違う。 株にしろ為替にしろギャンブルに、ゲームに、勝っている人には自らの現状が見え、何が足りないか、何をすれば良いのか多くのヒントがもらえよう。 いま負けていて、これからも負け続ける人には何も見えないかもしれない。 いま負けていても、うっすら何かが見える人は夜明けが近いはず。 デイトレで著名な某氏が「今日は夜通したくさん勉強できたからよかった。まだまだまだまだ下手なので、せめて自分で満足できるくらいには成長したい。」とつぶやいているのは本書を読まれたのだろう。 日本人によるギャンブル、投資関係の書物では歴史的な嚆矢になろう。

引用:Amazon

 

 

まずは読むそして実際にやる

今回紹介した本を読んで実際に実践していただくことで、FXで稼ぐ力がグッと付いてきます。

FX初心者が投資をするまでの流れ

入門書を読む→実際のFX相場に触れてみる→実践向けの本や資金管理、投資哲学の本を読む→実際にトレードしてみる

この流れで進めばFXの世界へスムーズに入る事ができます。

本を読むだけでなく必ず『実践する』を入れる事がポイント。

やってみることを忘れずに取り組んでくださいね。

参考
元証券マンがFX初心者に教える【FXのやり方・始め方】

続きを見る

 

 

-FX
-, ,

Copyright© Kazuoブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.