投資

元証券マンFPがつみたてNISAを一から分かりやすく解説《デメリットからおすすめの商品も》

Kazuo(@kazuo_blog)です。

 

「つみたてNISAについて詳しく知りたい」

そんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

ポイント

つみたてNISAとは

つみたてNISAの魅力やデメリット

つみたてNISAおすすめの商品や証券会社

 

本記事を書いている私は、以前野村證券に勤務し多くの顧客の投資相談を受けていました。

本記事の信頼性を担保する情報

筆者の投資歴は、野村證券時代を含めると7年ほど

ファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を保有

 

 

3種類のNISA

NISA(少額投資非課税制度)には、3種類あります。

 

「NISA」・・・一般的なNISA。毎年120万円の購入枠があり、期間は5年。

「つみたてNISA」・・・つみたて特化のNISA。毎年40万円の購入枠で期間は20年。

「ジュニアNISA」・・・19歳以下が利用できるNISA。毎年80万円で期間は5年。いくつかの制限がある。

 

今回は『つみたてNISA』を解説します。

 

つみたてNISAをわかりやすく解説

つみたてNISAは、『つみたてに特化した』NISA(少額投資非課税制度)です。

 

つみたて投資にNISAの制度を掛け合わせる。

これほど初心者向けで優しい投資制度はないですね。

 

 

つみたてNISAで覚えて欲しいポイントは3つ

つみたてNISAで覚えて欲しいポイントは

・毎年40万円

・利益に対して非課税

・有効期限は20年

の3つです。

 

つみたてNISAポイント:毎年40万円

つみたてNISAを活用するとき、毎年活用できる上限が決まっています。

その上限が40万円です。

月額だと3万3,000円ほど積み立てることができます。

 

積み立て額が足りない方は、

・『NISA』を積み立てに活用

・iDeCoの活用

もぜひご検討ください。

 

つみたてNISAポイント:利益に対して非課税

つみたてNISAを活用して得た利益は、全て非課税になります。

 

通常、株式や投資信託で得た利益に対しては、一律約20%の税金がかかります。

 

例えば、

40万円投資をして10万円の利益を得た場合は、

10万円の20%なので、2万円が税金になります。

 

しかし、つみたてNISAは非課税ですので

10万円の利益を得たなら、全て自分の利益として得られるわけです。

 

よくある質問:40万円以上の利益を得た場合はどうなるの?

「40万円以上の利益を得た場合は、超えた分の税金はかかるのか?」

→ 税金はかかりません。

 

つみたてNISAの場合は、『40万円の購入金額に対して得た利益が非課税になります』

つまり、40万円積み立てて20年後に100万円になっていた場合は

利益の60万円は全て非課税になります。

 

つみたてNISAポイント:有効期限は20年

つみたてNISAの有効期限は20年です。

NISA、ジュニアNISAが5年であることをみると

圧倒的長期目線であることが分かります。

 

つみたてが本来は長期投資を前提にしていますので

これくらいの期間が設けられています。

 

*現在つみたてNISAは2037年末で一律終了する予定です。

2019年11月22日時点の情報によると延長し、どこで初めてもちゃんと20年続けられるかも、、、

(まだ決定ではないです)

 

つみたてNISAの3つのデメリット

つみたてNISAには

・開設に時間がかかる

・一人1口座のみ

・損益通算できない

といったデメリットもあります。

 

先ほどまでは、つみたてNISAについての

魅力をお伝えしましたが、ここからは3つのデメリットについて解説します

 

つみたてNISAのデメリット:開設に時間がかかる

つみたてNISA開設に時間がかかります。

つみたてNISAについて知って「さぁやるぞ!!」

と思っても、税務署の審査などが必要になり

数週間の時間がかかることもあります。

 

始める際は、「まずは開設だけ」というスタンスで

手続きだけでもやっておいたほうが良いです。

ちなみにおすすめはSBI証券です。

理由は後ほど説明します。

 

つみたてNISAのデメリット:1人1口座のみ

つみたてNISAは一人1口座しか作ることができません。

 

注意してください。

 

つみたてNISAのデメリット:損益通算できない

つみたてNISAは損益通算が出来ません。

 

通常株式や投資信託の取引をして

A株式で20万円利益が出たとしても

B投資信託で10万円の損失がある場合は

「20万円利益あるけど10万円の損失と合計すると実際の利益は10万円だよね」

ということで合計金額の10万円に対してのみ税金がかかります。

 

しかし、つみたてNISAはその性質上

仮に損失が発生してもその他の利益を合計することが出来ません。

 

また損失には3年間繰り越して、

翌年以降の利益と合計することが出来ますがそれも出来ません。

 

その代わりに「利益が出たら、そもそも税金がかからないよ」

というスペシャル特典付きなんです。

 

つみたてNISAの始め方:SBI証券の開設がおすすめ

つみたてNISAを始めるなら、SBI証券で開設するのがおすすめです。

 

手数料が安く

月100円から始めることができるので

初心者にもおすすめ^^

SBI証券の口座開設はこちら

 

先ほどもご説明したとおり、1人1口座しか作ることが出来ないので

「知らない間に他のところで開設していた」なんてことにならないよう注意してください。

 

つみたてNISAでおすすめ商品

つみたてNISAでおすすめ商品は「SBI・バンガード・S&P」です。

なぜこの商品なのか?

詳しくはこちらをご覧ください。

ポイントは

・米国のインデックスファンド

・手数料が安い

ですね。

正直私はこれ1択でも十分だと思っています。

 

ぷくろーさんの記事で細かく商品の検証してくれています。ぜひ参考にしてみてください。

 

そしてこの商品は『SBI証券』のみの取り扱いになります。

口座開設はこちら

まとめ

・つみたてNISAは、幅広い世代に活用してほしい制度です

・つみたて投資は、比較的安定しており初心者でも始めやすい

・つみたてNISAは、SBI証券がおすすめです。

 

-投資

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.