FX

ダウ理論『6つの原則を解説』

Kazuo(@kazuo_blog)です

 

今回は

「ダウ理論を知りたい」

そんな疑問を解消します。

 

ダウ理論とは

ダウ理論とは19世紀終わりにチャールズ・ダウによって提唱された相場理論です。

初めて相場を理論として提唱し、その後すべてのテクニカル分析の基礎となっています。

 

ダウ理論6つの原則

  1. 価格は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 価格は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

価格は全ての事象を織り込む

基本原則その1は「価格は全ての事象を織り込む」です。

 

簡単に言うと、金融政策や経済情勢などといった「ファンダメンタルズ」の影響は全て価格に反映されている。という内容です。

つまり、価格を分析する時は値動きだけを見ていればいい。

「価格の値動き」=「チャート」

 

ダウ理論では、分析すべき最も重要なツールはチャートである。という考えです。

 

トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される

基本原則その2は「トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される」です。

 

基本原則に書かれている通り

チャートには「短期トレンド」「中期トレンド」「長期トレンド」の3つで構成されており

それぞれの期間が

・短期トレンドが「3週間未満」

・中期トレンドが「3週間〜3ヶ月」

・長期トレンドが「1年〜数年間」

 

つまり、トレンドは1つだけでなく

それぞれの期間によって見方が変わる。

 

長期トレンドでは上昇トレンドに見えても

短期トレンドでは下降トレンドになっているかもしれない。

 

その中で自分自身が狙うべき期間を把握する必要なあるわけです。

 

主要なトレンドは3つの段階から形成される

基本原則その3は「主要なトレンドは3つの段階から形成される」です。

 

ダウ理論では、トレンドには3つの段階で形成され

それぞれ

・先行期

・追随期

・利食い期

となります。

画像

 

先行期

トレンド発生時に先取りして一部投資家が買っている段階。

 

市場全体としては、半信半疑の段階のため

トレンドのスピードも緩やか

 

追随期

多くの投資家がトレンドを認識し、追随して買っている段階。

 

この段階に来るとトレンドのスピードが加速する。

 

利食い期

先行期と追随期で利益の出た投資家が、利食いをする段階。

 

負ける投資家の多くは利食い期でポジションを保有することが多い。

 

価格は相互に確認される必要がある

基本原則その4は「価格は相互に確認される必要がある」です。

 

これは、FXの場合通貨の相関関係を言います。

例えば、

・ドル円が上昇

・ユーロ円はレンジ

・ユーロドルは下落

となっている場合は、ドル円の上昇要因は「ドル安」となります。

 

また、インジケーターにおいても

一つのインジケーターが買いサインを示していたとしても

その他のインジケーターが示していない場合

それは、真に買いのサインとは言えない。となります。

 

トレンドは出来高でも確認される必要がある

基本原則その5は「トレンドは出来高でも確認される必要がある」です。

 

これは、トレンドが発生する時には、出来高(取引量)も徐々に増加していき

トレンドの終わりでは徐々に取引高も減っていきます。

 

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

基本原則その6は「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

 

ダウ理論では、

上昇トレンドは『高値と安値が切り上がる』

下降トレンドは「高値と安値が切り下がる」

と定義されています。

 

まとめ

ダウ理論は、すべてのテクニカル分析の土台となるものです。

トレードで利益を上げるためには、絶対に理解すべき内容になりますので

しっかりと理解して取り組んでいきましょう!

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.