FX

初心者のための平均足完全解説【具体的な活用法をチャートで解説】

 

Kazuo(@kazuo_blog)です

今回はインジケーター(テクニカル指標)

「平均足」を完全解説します。

 

具体的な使い方を実際のチャートで具体例と一緒に説明していきますので

「平均足がわからない」

「平均足って実際にどう使えばいいの?」

そんな方の疑問を解消していきます。

 

 

平均足とは

これのことです。

 

ローソク足とすごい似ていますよね??

そこでローソク足と比較します。

 

とても似ていますが、微妙に表しているものが変わっています。

 

平均足の4つの構成要素

平均足は、ローソク足同様に「始値」「終値」「高値」「安値」の4つで構成されています。

ローソク足と同じものもあれば、違うものもあります。

ローソク足と同じもの『高値』『安値』

『高値』と『安値』はローソク足と同じです。

高値=一定期間の最も高い値

安値=一定期間の最も安い値

 

ローソク足と違うもの『始値』『終値』

『始値』と『終値』はローソク足とは別の意味で表されています。

始値=前のローソク足の始値と終値の平均値

終値=始値、終値、高値、安値の平均値

 

平均足の活用法

トレンドを見る

平均足の最大の魅力は、『トレンドが一目でわかる』ことです

下のチャートだと、陰線が続いているときは下降トレンドが継続していおり

陰線継続+安値更新時=強いトレンド継続中を意味します。

特に上位足のトレンドを確認する際に便利ですね。

 

トレンドの波をとらえる

高値が更新できずに陽線から陰線に色変わり

安値が更新できずに陰線から陽線に色変わりが始まると

トレンドの一時調整もしくは、トレンドの転換サインになる可能性が高い

上昇トレンド

下降トレンドの場合

 

 

平均足を使うときの注意点

ローソク足と比べてワンテンポ遅れる

 

 

平均足おすすめ活用法

平均足を活用し長期のトレンドで利確を目指す

①上位足の流れを見る

②下位足で流れを確認しエントリーポイントを見つける

③上位足の色変わりまで保有

 

①上位足の流れを見る

まずは上位足の流れを確認して、ロングかショートどちらでエントリーするかを判断します。

例えば、下の図の場合

「上昇トレンドから高値が更新できず、陽線から陰線に変わった」ことから

ショートで狙うと判断します。

 

②下位足で流れを確認しエントリーポイントを見つける

下位足で『今』エントリーしていいのか細かい流れを確認して行きます。

今回の場合だと、「安値を更新できていないので、一旦見送りチャンスを待ちます」

 

安値の更新を確認し、エントリー

損切りは直近の高値に設定

③上位足の色変わりまで保有

上位足の色変わりまで保有します。

下のチャートの場合は160pips

 

③-2 さらに上の上位足で保有することも

さらに上の上位足で保有することも

画像の場合は300pips

 

注意点

こちらの活用法の注意点は2つ

1、エントリーにワンテンポ遅れる

2、利確にワンテンポ遅れる。

 

平均足を活用した方法なので、ローソク足と比較するとどうしてもワンテンポ遅れます。

ワンテンポ遅れる=細かいダマシにも合いにくい

そういったメリットもあります。

 

上手に活用すれば最高の武器になります。

まとめ

平均足は、初心者でも利用しやすいインジケーターの1つです。

さらにトレードでは必要不可欠の「上位足の流れ」が一目で分かる、ありがた〜〜〜いツールになります。

ぜひ、活用できるようになってください。

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.