FX

おすすめインジケーター5選と最強の組み合わせ

Kazuo(@kazuo_blog)です。

今回は

「インジケーターってなに?」

「どのインジケーターがおすすめ?」

そんな不安を解消します。

 

初心者の方にも読みやすく

テクニカル分析を網羅してある1冊です。

練習用ツール

フォレックステスター

最初のページは英語でビビりますが、日本語もしっかり対応しています。

結論

・インジケーターとは

インジケータは、テクニカル分析を行うときに活用される指標です。

・インジケーターには2種類ある

  • トレンド系
  • オシレーター系

・おすすめのインジケーター5

・1つじゃなく組み合わせると効果はより発揮

注意点:インジケーターはチャートありき

 

インジケーターとは

インジケータは、テクニカル分析を行うときに活用される指標です。

ローソク足単体でチャートを見ても

「今はトレンド相場か、レンジ相場か」

「そろそろ転換点に来そうか」

といった相場の現状やエントリーポイントを把握するのは経験が必要になり

初心者には難しいです。

そこでインジケーターを活用することで

もっと分かりやすく一目で知ることができるようになります。

 

私は、テクニカル分析はこちらの本で勉強しました。

初心者の方でも読みやすくおすすめです。

インジケーターには2種類ある

  • トレンド系インジケーター
  • オシレーター系インジケーター

トレンド系インジケーター

トレンド系は、名前の通り「現在のトレンドを把握するためのインジケーター」になります。

現在のトレンドの方向トレンドの強さなどを知ることができます。

 

オシレーター系インジケーター

オシレーター系は「相場の過熱感」「直近の値動きに対して今の価格がどの位置にいるのか」などを知るためのインジケーターになります。

相場のトレンド転換やレンジ相場で効果を発揮します。

 

おすすめのインジケーター5

トレンド系インジケーター

  1. 移動平均線
  2. ボリンジャーバンド

移動平均線

移動平均線は、終値の平均値をグラフ化したもので「直近の相場の流れ」を知ることができるインジケーターです。

移動平均線を複数表示することで、「短期の流れ」「長期の流れ」を知ることができ

移動平均線同士の乖離や、移動平均線とローソク足の乖離を見るとこで

相場の強さを知ることもできます。

FX口座を比較サイトを集計したら1択になった【圧倒的支持で第1位が決定】

Kazuo(@kazuo_blog)です。   「本当に良いFX口座はどこか知りたい」 そんな疑問にお答えします。   本記事の内容 本記事の内容 上位10位の比較サイトを集計 ラ ...

続きを見る

 

トレンドの方向を知る

トレンドの強さを知る

ボリンジャーバンド

相場のボラティリティを統計学的な分析をして、

『価格は今度どの範囲で変動するのか予測し見える化したもの』

ミッドバンド(移動平均線)の方向でトレンドをバンドの広がりでトレンドの強さを知ることができます。

FX口座を比較サイトを集計したら1択になった【圧倒的支持で第1位が決定】

Kazuo(@kazuo_blog)です。   「本当に良いFX口座はどこか知りたい」 そんな疑問にお答えします。   本記事の内容 本記事の内容 上位10位の比較サイトを集計 ラ ...

続きを見る

オシレーター系インジケーター

  1. MACD
  2. RSI
  3. ストキャスティクス

MACD

MACDは

Moving Average Convergence / Divergence の略

移動平均線をより詳しく分析し、トレンドの方向やトレンドの強さ、転換点を知ることができます。

FX口座を比較サイトを集計したら1択になった【圧倒的支持で第1位が決定】

Kazuo(@kazuo_blog)です。   「本当に良いFX口座はどこか知りたい」 そんな疑問にお答えします。   本記事の内容 本記事の内容 上位10位の比較サイトを集計 ラ ...

続きを見る

 

なので役割としては「トレンド系の方が近いです」

 

RSI

RSIは、相対力指数と呼ばれ

上昇変動幅と下落変動幅のどっちが今勢いがあるのかを指標にしたものです。

トレンドの転換レンジ相場に効果を発揮します。

FX口座を比較サイトを集計したら1択になった【圧倒的支持で第1位が決定】

Kazuo(@kazuo_blog)です。   「本当に良いFX口座はどこか知りたい」 そんな疑問にお答えします。   本記事の内容 本記事の内容 上位10位の比較サイトを集計 ラ ...

続きを見る

 

トレンドの転換

30%からの上抜け転換

→ 買いサインや上昇トレンドの始まりのサイン

30%からの上抜け転換

 

70%からの下抜け転換

→ 売りサインや下降トレンドの始まりのサイン

70%からの下抜け転換

 

レンジ相場

 

ストキャスティクス

ストキャスティクス略して「ストキャス」とトレーダーの間では呼ばれています。

現在の価格が一定期間の変動幅の中で、どの位置にいるかを知ることで

売られすぎか、買われ過ぎか。相場の過熱感を知ることで

トレンドの転換やレンジ相場で効果を発揮するテクニカル指標です。

FX口座を比較サイトを集計したら1択になった【圧倒的支持で第1位が決定】

Kazuo(@kazuo_blog)です。   「本当に良いFX口座はどこか知りたい」 そんな疑問にお答えします。   本記事の内容 本記事の内容 上位10位の比較サイトを集計 ラ ...

続きを見る

 

トレンドの転換

%Dと%SDのゴールデンクロス

→ 買いサインや上昇トレンドの始まりのサイン

%Dが%SDを下から上に抜けること

 

%Dと%SDのデッドクロス

→ 売りサインや下降トレンドの始まりのサイン

%Dが%SDを上から下に抜けること

 

レンジ相場

一定幅を推移するボックス相場では絶大な効果を発揮します。

 

最強なのは1つじゃなく複数組み合わせること

インジケーター単体では、ダマシにあう可能性も高く

場合によっては、無駄なトレードを増やしてしまう可能性もあります。

そこで、インジケーターを組み合わせる

最強のおすすめ組み合わせ

ボリンジャーバンド+ストキャスティクス

移動平均線+ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドが組み合わせに入っていますが

私自身以前はボリンジャーバンドをインジケータの中で

メインとして活用していましたので、このような組み合わせとなっております。

 

私は、ボリンジャーバンドに関しては

こちらの本で勉強しました。

実際にボリンジャーバンドを開発したジョン・A・ボリンジャーの本です。

注意点:インジケーターはチャートありき

インジケーターは、初心者の方にもトレード判断をする上でわかりやすく、とても便利なツールです。

しかし、その反面「頼りすぎる」というデメリットもあります。

そして、頼りすぎるトレーダーは最終的には勝てません。

なぜなら、勝っているトレーダーはローソク足に重きを置きトレードをしているからです。

 

勝っているトレーダーで

「ローソク足のみ」でトレードしている人はいても

「インジケーターのみ」でトレードしている人はいません。

 

必ずインジケーターとローソク足をセットで相場を見るようにしてください。

 

ローソク足とインジケーターの分析は経験が必要になります。

私はこちらのツールでめちゃくちゃ練習しました!!

練習ツールなので土日祝日も練習できるのがありがたかったです。

(今も練習しています)

フォレックステスター

最初のページは英語でビビりますが、日本語もしっかり対応しています。

 

インジケーターが豊富なおすすめ証券会社2選

インジケーターが豊富といえば、MT4!!

国内FXで数少ないMT4が利用できる証券会社で特におすすめな2社です。

OANDA Japan (オアンダ ジャパン)

世界8カ国に拠点があり、分析ツールがとにかく豊富

MT4はもちろん約定力もハンパない!!

1トレーダーに1口座は欲しい証券会社です。

口座開設はこちら

Forex.com(フォレックスドットコム)

ウェブセミナーの開催

無限キャッシュバックプログラム

など、他の証券会社とは少し変わったことをやっていますが

その試みがそれぞれめちゃくちゃありがたい!!

取引しやすさも一つのウリ!!

口座開設はこちら

結局は、インジケーター+チャートの組み合わせが最強

インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」がある。

できればインジケーターは組み合わせて活用するとより強力なツールになる。

インジケーターは便利だが、一番重要なのは『ローソク足』これだけは忘れないでください!

 

練習用ツール

フォレックステスター

 

 


ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が解き明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)

アマゾンで購入

楽天市場で購入

楽天市場で購入【電子書籍】

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.