FX

アメリカ時間って?FX3大市場の取引時間を解説【特徴を理解し、通貨ペアを選んで自分に合ったトレードをしよう】

Kazuo(@kazuo_blog)です。

 

今回は、FX初心者の

「FXって時間帯によって変わるの?」

「それぞれの市場の特徴を知りたい」

そんな疑問を解消します。

 

結論:それぞれの取引時間の特徴を理解して通貨ペアを選定する。

自分の生活リズムに合ったトレードをすることが重要

 

取引する通貨ペアを選定する

取引するときに、1番最初に決めるのは通貨ペアです。

なぜなら「通貨ペアを決める→分析→エントリー」という流れで

取引をするから

 

もちろん中級者以上にもなれば

「分析→通貨ペアを決める→エントリー」という流れも人もいますが

これは『あらかじめ取引する通貨ペアをいくつか絞って分析しているから』

なので、結局「分析する通貨ペアの選定」が一番最初になります。

そして、それぞれの市場には取引時間があり

活発になる通貨ペアが変わります。

『FXで利益を取るということは『値幅を取ということ

つまり、活発になる時間に合わせた通貨ペアを決めることが

FXで利益を取るための第一歩にもなります。

 

それぞれの時間特徴を理解しよう

FXの場合平日は24時間動いているなかで、この時間帯がどこの国の通貨が活発になっているのか?

3大市場で解説していきます。

時間の特徴を知る前の注意点(夏時間、冬時間)

ヨーロッパ・アメリカには、時期によって夏時間・冬時間に分けられます。

夏時間の時期は

夏時間の時期

ヨーロッパ ( ロンドン ) 

3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日

アメリカ(ニューヨーク)

4月第1日曜日午前2時 ~ 10月最終日曜日午前2時まで

夏時間と冬時間で

相場の動く時間や指標発表などが1時間ズレてきますので注意していください。

アメリカ時間

取引時間

21:00~6:00(夏)

22:00~7:00(冬)

おすすめ通貨ペア ドル円、ユーロドル

世界もで最も重要な市場

夏時間だと21:30~22:00

冬時間だと22:30~23:00

に重要な指標が集中しているので要注意です。

 

さらに21:00~2:00くらいの間は

ヨーロッパの市場とも被っているので

1日で最も活発な時間帯にもなります。

 

日本時間

取引時間 8:00~15:00
おすすめ通貨ペア ドル円、ユーロ円

 

日本には夏時間や冬時間がないので、時間の変更はありません。

国内FX業者は、土日に取引が停止し

毎週月曜日7時から取引が再開するため

7時の不安定な相場を避けつつ8時ごろから取引を始める。そんな流れです。

午前中12ごろまでに

輸出入の国内実需による資金流入によってマーケットは賑わいやすいですが

反対に、トレーダーといった投機筋の流入は限定的です。

実際の金融取引を多くしている

欧州、米国の人たちは寝ているので、大きなトレンドが形成されることは少ないです。

注意点

朝9時の瞬間風速の上げ下げに注意

朝9時から東京市場が始まり、

その瞬間一時ボラが大きくなりますので

9時~9時15分ごろの時間は注意してください。

欧州時間

取引時間

16:00~24:30(夏)

17:00~25:30(冬)

おすすめ通貨ペア

ユーロ円、ユーロドル

中級者《ポンド円、ポンドドル》

ロンドン市場は日本市場と変わり

投機筋が市場に参入してきます。

16時17時ごろにダマシも発生しやすく、損切りに合いやすい時間帯でもありますので注意してください。

そこから市場も活発になり、19時ごろにヨーロッパのお昼休憩も入って少し落ち着きます。

休憩後、アメリカ市場も始まると再度市場が活発になる傾向があります。

注意点

以下の点に注意してください。

  • それぞれのマーケットの始まるタイミングはボラが大きくなりやすい
  • 夏時間・冬時間

それぞれのマーケットの始まるタイミングはボラが大きくなりやすい

それぞれのマーケットの始まるタイミングはボラが大きくなりやすいです。

ボラが大きくなるということは、スプレッドが開きやすくなっており

不利なポジションでのエントリーやスプレッドが原因の不要な損切りにも合う可能性があります。

 

それぞれの市場が始まって4,5分ほどは様子を見て

・スプレッドが開いているのか

・相場が瞬間的な動きをしているのか

を確認した方が変な損切りに合いにくくなります。

夏時間・冬時間

アメリカやヨーロッパには「夏時間・冬時間」があり

日本との時差がそれぞれ1時間ズレてきます。

1時間のズレは重要な指標発表や取引時間が変わってきます。

 

重要な指標発表を逃すと、数十pips

場合によっては100pips以上の損失を招くこともあります。

 

今は夏時間なのか?冬時間なのか?はしっかりと把握しておきましょう。

 

まとめ

自分の生活リズムに合った取引時間を把握して、取引する通貨ペアを選定してみよう!

 

FX初心者におすすめの通貨ペア【結論:ドル円】

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.