FX

初心者のためのRSI完全解説【具体的な活用法をチャートで解説】

Kazuoです。

今回はインジケーター(テクニカル指標)

「RSI」を完全解説します。

 

具体的な使い方を実際のチャートで具体例と一緒に説明していきますので

「RSIがわからない」

「RSIって実際にどう使えばいいの?」

そんな方の疑問を解消していきます。

 

結論

RSIとは

  • Relative Strength Index の略。相対力指数と呼ばれ
    上昇変動幅と下落変動幅のどっちが今勢いがあるのかを指標にしたもの

RSIの活用法

_初級編

  • 位置で過熱感を見る
  • 30%からの上抜け転換
  • 70%からの下抜け転換

_中級編

  • トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる
  • ダイバージェンス

RSIを使うときの注意点

  • ダマシに合いやすい

 

 

RSIとは

Relative Strength Index の略

これのことです。

RSIは、相対力指数と呼ばれ

上昇変動幅と下落変動幅のどっちが今勢いがあるのかを指標にしたものです。

仮にこのようなチャートがあった場合のRSIの計算方法は

 

RSIの活用法

初級編

位置で過熱感を見る

一般的にRSIは、

「過熱感」いわゆる『買われ過ぎている』『売られ過ぎている』を見るためのものとして

広く投資家に活用されています。

 

買われ過ぎている=そろそろ買う人が少なくなるから下がるのでは?

売られ過ぎている=そろそろ売る人が少なくなるから上がるのでは?

 

その水準が

買われ過ぎの場合は70%以上

売られ過ぎの場合は30%以下

を推移しているときに判断されます。

 

30%からの上抜け転換

→ 買いサインや上昇トレンドの始まりのサイン

30%からの上抜け転換

 

70%からの下抜け転換

→ 売りサインや下降トレンドの始まりのサイン

70%からの下抜け転換

 

中級編

トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる

『上昇変動幅と下落変動幅のどっちが今勢いがあるのか」を知るRSIは

 強いトレンドが発生している時は、長いローソク足

上昇トレンドだと陽線、下降トレンドだと陰線が多く出るため

上昇トレンドの時は、70%以上を

下降トレンドの時は、30%以下を

推移する可能性が高いです。

むしろ、『推移している=高値、安値更新中』を意味するので

めちゃ強いトレンドが発生していると考えられます。

 

上昇トレンドの場合

 

下降トレンドの場合

ダイバージェンス

ダイバージェンスは「相違」つまり「違い」です。

 

具体的には「高値」「安値」です

 

チャートとRSIとで違いが発生が

『トレンドの転換』のサインになります。

 

上昇トレンドから下降トレンドへ転換

 

下降トレンドから上昇トレンドに転換

 

RSIを使うときの注意点

ダマシに合いやすい

他のインジケーター(テクニカル指標)の中でも

比較的反応の早い指標になります。

そのため、直近の上下にも細かく反応してしまい

ダマシにも合いやすくなりますので

注意してください。

対策:RSIだけでなく他のインジケーターと組み合わせて分析すると良いです^^

MACD』はおすすめですね。

 

まとめ

RSIとは

  • Relative Strength Index の略。相対力指数と呼ばれ
    上昇変動幅と下落変動幅のどっちが今勢いがあるのかを指標にしたもの

RSIの活用法

_初級編

  • 位置で過熱感を見る
  • 30%からの上抜け転換
  • 70%からの下抜け転換

_中級編

  • トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる
  • ダイバージェンス

RSIを使うときの注意点

  • ダマシに合いやすい

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.