【毎日更新】ドル円予想

10月15日FXチャート予想【ドル円】

Kazuo(@kazuo_blog)です

 

この記事では

「トレーダーがどんな感じでチャートシナリオを立てているのか知りたい」

そんな疑問を解消します。

 

今日のドル円シナリオ

について簡単にご紹介します。

 

当ブログを参考にしていただける場合は、注意事項を読んでください。

注意事項

  • 投資・投機はいかなる場合においても自己責任です。
  • 私個人がエントリーする位置を記述しているだけであり、読者様に同様の売買を”推奨”する内容ではございません。
  • 質問を頂いても、ポジションの詳細や売買タイミングについてのご質問はお答えできません。
  • 質問を頂いても、チャート分析や線引きの手法についての質問はお答えできません。
  • 毎日投稿のため記事で同じ内容が連日、連続する場合も多々あります。
  • トレードによっては、1日~数週間ポジションを持つこともあれば、1日未満の超短期トレードの場合もあります。

結論

・今日のドル円戦略は、売り狙い

・予想は「最終的には調整下落」

シナリオ予想は

①一度107.800-900付近まで下落し、その後上昇(108.600付近まで上昇後は、下落予想)
②そのまま下落 下値目安は107.300-400
③一度108.600付近まで上昇し、その後下落  下値目安は107.300-400

 

今日の予想

最終的には調整下落

 

今日の戦略予定

売り狙い

 

大きな流れで考えているシナリオ:日足も4時間足も上昇

現在大きな流れで考えているシナリオは「日足も4時間足も上昇」です。

 

今後の予想

①一度107.800-900付近まで下落し、その後上昇(108.600付近まで上昇後は、下落予想)
②そのまま下落 下値目安は107.300-400
③一度108.600付近まで上昇し、その後下落  下値目安は107.300-400

 

IMM先物ポジション

10月7日データ

米商品先物取引委員会(CFTC)で発表されているデータを元に作成

「IMM先物ポジション」とはCMEで取引されている通貨先物のポジションのことです。

上記のグラフは、米商品先物取引委員会(CFTC)で発表されているヘッジファンドなどによる投機的なポジションのデータです。

ロングポジションが過大になればゆくゆくはポジション解消のため相場は下落

ショートポジションが過大になれば上昇する可能性が高いと考えられています。

ただし、金曜日の取引終了後に火曜日時点の数値が発表されるので、

発表データは遅れた情報であることを考慮する必要があります。

 

円買いポジションが減少し、円売りポジションが増加しています。

今まで溜まっていた円買いポジションが60,000をメドに減少。

当分は円売りポジションが増加すると考えられます。

 

本日注意したい指標発表

米国

10月ニューヨーク連銀製造業景気指数

 

まとめ

・今日のドル円戦略は、売り狙い

・予想は「最終的には調整下落」

シナリオ予想は

①一度107.800-900付近まで下落し、その後上昇(108.600付近まで上昇後は、下落予想)
②そのまま下落 下値目安は107.300-400
③一度108.600付近まで上昇し、その後下落  下値目安は107.300-400

-【毎日更新】ドル円予想

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.