FX

初心者のためのストキャスティクス完全解説【具体的な活用法をチャートで解説】

Kazuoです。

今回はインジケーター(テクニカル指標)

「ストキャスティクス」を完全解説します。

 

具体的な使い方を実際のチャートで具体例と一緒に説明していきますので

「ストキャスティクスがわからない」

「ストキャスティクスって実際にどう使えばいいの?」

そんな方の疑問を解消していきます。

 

結論

ストキャスティクスは

  • 現在の価格が一定期間の変動幅の中で、
    どの位置にいるかを知ることで
    売られすぎか、買われ過ぎか。
    相場の過熱感を知るテクニカル指標になります。

ストキャスティクスの3構成

  1. %K
  2. %D
  3. %SD

ストキャスティクスの活用法

初級編

  • %Dの位置で過熱感を見る
  • %Dと%SDのゴールデンクロス、デッドクロス

中級編

  • レンジ相場との相性が良い
  • トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる
  • ダイバージェンス

ストキャスティクスを使うときの注意点

  • 狭いレンジ相場では効果が薄い

 

ストキャスティクスとは

これのことです。ストキャスティクス略して「ストキャス」とトレーダーの間では呼ばれています。

現在の価格が一定期間の変動幅の中で、どの位置にいるかを知ることで

売られすぎか、買われ過ぎか。相場の過熱感を知るテクニカル指標になります。

 

ストキャスティクスの3構成

ストキャスティクスは

  1. %K
  2. %D
  3. %SD

の3つで構成されています。

 

%Kは、設定期間の高値と安値の値幅の中で現在の価格が安値から何%あるのか。

 

%Dは、%Kの移動平均線

%SDは、%Dの移動平均線

 

%K>%D>%SDの順番で変化に対する反応も早くなります。

 

また

ストキャスティクスは、組み合わせによって呼び方があり

%Kと%Dの組み合わせで表示される「ファスト・ストキャスティクス」

%Dと%SDの組み合わせで表示される「スロー・ストキャスティクス」

の2種類があります。

 

一般的に表示されているものは

「スローストキャスティクス」の方が多いです。

最初の画像もスローストキャスティクスです。

 

ストキャスティクスの活用法

初級編

%Dの位置で過熱感を見る

一般的にストキャスは、

「過熱感」いわゆる『買われ過ぎている』『売られ過ぎている』を見るためのものとして

広く投資家に活用されています。

 

買われ過ぎている=そろそろ買う人が少なくなるから下がるのでは?

売られ過ぎている=そろそろ売る人が少なくなるから上がるのでは?

 

その水準が

買われ過ぎの場合は%Dが80%以上

売られ過ぎの場合は%Dが20%以下

を推移しているときに判断されます。

 

%Dと%SDのゴールデンクロス

→ 買いサインや上昇トレンドの始まりのサイン

%Dが%SDを下から上に抜けること

 

%Dと%SDのデッドクロス

→ 売りサインや下降トレンドの始まりのサイン

%Dが%SDを上から下に抜けること

 

中級編

レンジ相場との相性が良い

「今の価格が過去一定期間の値幅と比べてどの位置にいるのか」を知るストキャスティクスは

一定幅を推移するボックス相場では絶大な効果を発揮します。

 

トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる

「今の価格が過去一定期間の値幅と比べてどの位置にいるのか」を知るストキャスティクスは

 強いトレンドが発生している時は、高値、安値を更新し続けるため

上昇トレンドの時は、%Dが80%以上を

下降トレンドの時は、%Dが20%以下を

推移する可能性が高いです。

むしろ、『推移している=高値、安値更新中』を意味するので

めちゃ強いトレンドが発生していると考えられます。

 

上昇トレンドの場合

 

下降トレンドの場合

ダイバージェンス

ダイバージェンスは「相違」つまり「違い」です。

 

具体的には「高値」「安値」です

 

チャートとストキャスティクスとで違いが発生が

『トレンドの転換』のサインになります。

 

上昇トレンドから下降トレンドへ転換

 

下降トレンドから上昇トレンドに転換

 

ストキャスティクスを使うときの注意点

狭いレンジ相場では効果が薄い

設定期間の値幅をベースに分析するストキャスティクスは

狭い値幅で動く相場では

頻繁に上下し、ゴールデンクロスとデッドクロスを繰り返します。

ストキャスティクスのみで判断するのではなく

チャートやそのほかの指標も組み合わせてトレードするようにしましょう。

 

まとめ

ストキャスティクスは

  • 現在の価格が一定期間の変動幅の中で、
    どの位置にいるかを知ることで
    売られすぎか、買われ過ぎか。
    相場の過熱感を知るテクニカル指標になります。

ストキャスティクスの3構成

  1. %K
  2. %D
  3. %SD

ストキャスティクスの活用法

初級編

  • %Dの位置で過熱感を見る
  • %Dと%SDのゴールデンクロス、デッドクロス

中級編

  • レンジ相場との相性が良い
  • トレンド発生時はトレンドの強さを見ることができる
  • ダイバージェンス

ストキャスティクスを使うときの注意点

  • 狭いレンジ相場では効果が薄い

 

 

 

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.