FX

FX初心者のテクニカル指標「ボリンジャーバンド」活用法

FXトレーダーのKazuoです。

今回は

「ボリンジャーバンドの具体的な使い方を知りたい!」

そんな方の疑問を解消していきます。

 

結論

ボリンジャーバンドは、『価格は今度どの範囲で変動するのか予測し見える化したもの』

ボリンジャーバンドは

  • ミッドバンド(=移動平均線)
  • 標準偏差

で構成されている。

ボリンジャーバンドの動き3パターン

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

注意点

  • バンドの確率を過信しない
  • 相場の急変に弱い

 

ボリンジャーバンドは「ボリンジャーさんが作ったもの」

ボリンジャーバンドは米国の投資家ジョン・ボリンジャーが開発したテクニカル指標です。

相場のボラティリティを統計学的な分析をして、

『価格は今度どの範囲で変動するのか予測し見える化したもの』

になります。

ボリンジャーバンドの構成

ボリンジャーバンドは、ミッドバンドと標準偏差(σ)で構成されています。

さらに、ミッドバンドより上を「アッパーバンド」、下を「ロワーバンド」と言います。

 

ミッドバンド=移動平均線

ミッドバンドは、基準となる移動平均線のことです。

ボリンジャーバンドにおいて軸になるのが、このミッドバンド。

ボリンジャーバンドの本質は

「移動平均線からどれくらい乖離しそうなのか見える化すること」

 

初心者の方は、どうしても次に説明する「標準偏差」に

注目しがちですが、全て「ミッドバンドありき」ということを忘れないようにしてください。

 

標準偏差(シグマ)

σ(シグマ)は、移動平均線との乖離具合で

±1σ、±2σ、±3σと表示されます。

 

それぞれのシグマ内に収まる確率が

±1σ 68.2%
±2σ 95.4%
±3σ 99.7%

つまり、±3σに価格が近づいたら

そろそろミッドバンドに収束するのでは?と

逆張りトレードをする方もいますが

初心者の方は、まず次に説明する3つの動きを理解してから

取り組むようにしてください。

 

ボリンジャーバンドの3つの動き

ボリンジャーバンドには

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

の3つの動きがあります。

 

基本的にボリンジャーバンドでテクニカル分析する場合は

この3つの動きを把握して活用していきます。

 

スクイーズ

スクイーズは、移動平均線が横向きになりバンドが収束している状態を言います。

 

スクイーズ時のトレード方法

スクイーズ時にできるおすすめのトレード方法は

1、バンド内のボックスレンジを逆張りで狙う

2、ボックスを抜けてトレンドが発生したポイントを狙う

の2つです

 

1、バンド内のボックスレンジを逆張りで狙う

スクイーズが発生しているということは

ボックス相場になっていることを意味します。

 

さらに、「σ(シグマ)」を活用することで

±3σなら99.7%の確率で中に収まる。といった具合に

『ボックス相場の上限下限がある程度見込めます』

 

そのラインより上もしくは下に損切りラインを

設定しておけば比較的高確率のトレードができる

可能性があります。

 

ただし、相場によってはボラティリティが少なく

損失と利益が割に合わない。

思ったほどチャンスが来ない。

ということもあります。

 

2、ボックスを抜けてトレンドが発生したポイントを狙う

レンジ相場の後には必ずトレンドが発生します。

そのトレンドを狙います。

 

スクイーズの状態というよりも

スクイーズ→エクスパンションの動きを狙う。といった感じです。

 

エクスパンション

バンドが広がっている状態を言います。

 

バンドが広がっているということはトレンドの発生になりますので

順張りで狙っていくことが基本的なトレードチャンスになります。

 

バンドウォーク

ローソク足がバンド近くを推移する状態を言います。

これは強いトレンドが発生していることをさしますので

順張りを狙いやすいです。

 

ただし、一時的な調整でミッドバンドまで戻ることもありますので

注意してエントリーしてください。

むしろ収束ポイントを狙う方が良いかもです。

 

 

注意点

バンドの確率を過信しない

相場の急変に弱い

 

バンドの確率を過信しない

バンドの収まる確率は、あくまでも「予測」になります。

そして、逆張りトレードの勝率とイコールにもなりません。

こんな相場になったら、逆張りトレーダーが一発アウトです。

 

相場の急変に弱い

相場の急変時は、ボリンジャーバンドは正しく機能しなくなります。

 

移動平均線を基準にしているボリンジャーバンドは

(移動平均線が相場の急変の反応が遅れるため)

相場の急変では正しく機能しなくなります。

今がどのような相場なのか?正しく把握することが大切です。

 

 

まとめ

ボリンジャーバンドは、『価格は今度どの範囲で変動するのか予測し見える化したもの』

ボリンジャーバンドは

  • ミッドバンド(=移動平均線)
  • 標準偏差

で構成されている。

ボリンジャーバンドの動き3パターン

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

注意点

  • バンドの確率を過信しない
  • 相場の急変に弱い

 

-FX

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.