FX

FX初心者のための税金対策【必要経費の具体例も紹介】

ファイナンシャルプランナーのKazuoです。

現在はFXトレーダーとしても活動しております。

 

今回は

『FXの税金対策』

「FXで税金対策ってできるの??」

「どれくらいの金額になったら確定申告って必要?」

そんな疑問にお答えします。

 

結論

・FXの所得は「FX利益−必要経費=FX所得」の式で成り立ち

「FX所得」に税金が発生する。

・税金対策のポイントは「必要経費」

・「必要経費」の基準は、「FX取引に必要なもの、関係あるもの」

マイナスの人も確定申告した方が「損失繰越」でゆくゆくお得になる

 

FX税金の基礎

・税金対策には経費が重要なポイントとなります

なぜなら、FXの所得は以下の式で成り立つからです

 

つまり利益から必要経費を引くことでFXの所得が決まります

例えば、

200万円のFX利益に対して50万円の必要経費を申請した場合と

しなかった場合で比較すると10万円以上違います。

 

 

・給与所得のある方は利益20万円以下、ない方は38万円以下は申告不要

ただ、そもそも確定申告をする必要がない場合もあります。

 

給与所得があって、年間利益が20万円以下
給与所得がなく、年間利益が38万円以下

 

上記に当てはまった人は申告が不要になります

 

ただ、もし年間損益がマイナスの場合

損失繰越ができるため確定申告をした方がお得です

後ほど説明します

 

注意点

申告が必要、不要の判断は「FXの損益」になります。

例えば、会社員でFXの年間利益が50万円あって必要経費が40万円でFXの所得が10万円で

38万円以下であっても、年間の利益が50万円なので確定申告は必要となります。

 

必要経費を最大限活用する

先ほど紹介したこちらの式を見れば分かる通り

必要経費を計上すれば、それだけ所得を抑えることができます

 

実は、必要経費として「これがOK」で「これがNG」みたいな

明確なルールというのはありません。

 

ただざっくりと

「FXの取引に必要なもの、FXに関係あるもの」であれば

必要経費として計上できます。

 

具体的に経費に計上できるもの

 

FXの必要経費となる例

売買手数料や入出金に関する振込手数料
FXトレードするためのインターネット接続費
FXの必要経費例
FX関係の書籍、新聞代
トレードに使用するパソコンやタブレットの購入費
セミナーの参加費
セミナー参加のための交通費

など

 

ポイントは「FXの取引に必要なもの、FXに関係あるもの」であることを

「明確に説明できるもの」です。

 

曖昧なものは、いわゆる「考え方次第」になっちゃいます。

 

また、必要経費として計上したレシートは7年間の保管期間が義務付けられています。

 

なので、どんな経費か??と聞かれた時に

ちゃんと答えられるように

レシートの裏に「理由(目的)」を書いておくと後々便利ですよ^^

 

税務調査は数年後に来ることが多いです

「んな昔のこと覚えてるかい!!」

みたいな時期にきますので、そこでメモの威力が超絶発揮します!

 

マイナスの人も確定申告した方がお得

年間でマイナスになってしまった人も確定申告した方が実はお得です

なぜなら、「損失繰越」という制度があり

『今年のマイナスを向こう3年間のプラスと相殺できます』

例えば、今年150万円のマイナスがあったとして

このようにマイナスが出たとしても

来年プラスになった時に節税できるので

マイナスを申告することをおすすめします。

 

まとめ

・FXの所得は「FX利益−必要経費=FX所得」の式で成り立ち

「FX所得」に税金が発生する。

・税金対策のポイントは「必要経費」

・「必要経費」の基準は、「FX取引に必要なもの、関係あるもの」

マイナスの人も確定申告した方が「損失繰越」でゆくゆくお得になる

 

-FX
-, , , ,

Copyright© Kazuoブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.