============================
本文を読む前に
ブログランキングにご協力をお願いします!

=============================
19日麻生金融相は、
1度に100万円を超える
送金業務を銀行以外の企業にも
認める方針を表明しました。
  
これが実現化すれば
私たち利用者の選択の幅が増えることになります。
  
私個人は、選択の幅が増えることは
とても嬉しいことです。
  
しかし、本当に実現した場合
私ならどうするのか?
  
電子マネーにチャージし
そこから送金する。
100万円以上の送金も可能であれば
もしかしたら、今以上に預金代わりに使えるのでは?
と考えます。
  
預金から直接利用するので現金化の手間が不要
ポイントも貯まる
何に使ったか履歴で明確に把握できる
  
ほぼメリットです。
  
人々は、金を持ち運ぶのが重くて面倒になったので
紙ベースのお金に変わりました。
 
紙ベースのお金でも持ち運びや管理が
面倒になったので、銀行業務が生まれました。
  
そして今、質量のない電子データがお金になり
データなので管理も手軽にできます。
  
お金が電子になった
まさに『電子マネー』です。
  
デメリットは
無駄遣いする可能性がある。
(キャッシュレスだと約20%出費が増えるデータがあります)
   
こうなってしまうと
銀行の業務のうち
送金、預金を銀行で行う必要性が
薄くなるのではないかと考えます。
  
最近は、銀行もQR決済の導入や
仮想通貨の参入など、
様々な事業を始めています。
  
フィンテック
金融とテクノロジーの融合
  
まさに今、銀行は岐路に立っているのではないでしょうか。
  
今後の動きに注目したいですね。
  
みなさんと人生を豊かに^^
  
Kazuo

============================

面白いと思ったら

ブログランキングにクリックの

ご協力をお願いします!

=============================

#人生を豊かに
#投資を選択肢に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です