本日は積立投資についてお話しします。

 

「投資」

といっても方法はいろいろ。

 

 

一点集中で投資をすることもあれば

複数の銘柄に分散投資をすることもある。

 

例えば

「料理」といっても

焼く、煮る、揚げるなど

いろいろありますよね?

 

そんな感じです。

 

 

その投資方法の一つに積立投資があります。

 

これがかなりリスクを抑えて投資ができる!

 

理由は

「時間を味方につけるから」

 

例えばこちらの図

(引用:金融庁HP https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/knowledge/basic/index.html

 

毎月1万円ずつ積み立てていきます。

積立預金の感覚です。

(こちらの例は投資信託となっていますが、その他の投資先でも有効です)

もちろん投資を行うので

対象商品の価格は

『変動します』

 

1月の価格は、10円

1万円で10円の商品を購入するので

合計で1,000口購入できます。

 

次に6月を見てください

投資対象の商品価格が5円に下がりました。

1月と比べたら半分です。

 

普通であればすごい損失になるんですが

積立投資の場合、

ここでも1万円で買える分を購入するので

合計で2,000口

 

1月の倍の口数を購入できる!

 

そしてそれを1年続けた結果

1口あたりの価格が4.4円に!

 

1月に一気に購入してしまったら

1口あたり10円の価格になりますが

価格の変化関係なく

『一定金額』『定期的に』購入することで

価格の変化に対応した投資ができるわけです。

 

この方法を『ドルコスト平均法』といいます。

 

ちなみにこの方法にも弱点はあります。

 

1、一気に大金を稼ぐことができない

2、上昇し、最後の最後で下落局面になった場合は損失で終わる可能性が高い。

(例えば、バブル崩壊の年やリーマンショックの年が換金したタイミングだった場合)

 

対してメリット

1、少額から可能(むしろ、無理なく金額もブラさずに行うことがベスト!)

2、資産形成に向いている

 

です。

 

そこで、

注目されているものが

「NISA」「つみたてNISA」「iDeco(イデコ)」

です。

 

次回は、こちらの簡単な解説に進みます^^

 

 みなさんと人生を豊かに^^

 

Kazuo

============================

面白いと思ったら

ブログランキングにクリックの

ご協力をお願いします!

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です