============================
本文を読む前に
ブログランキングにご協力をお願いします!

=============================
11月5日の中国新聞の広告が話題となっています。
「結局、新井は凄かった。」
  
今シーズンで広島を引退する
新井貴浩選手を労う広告です。
  
広告主は、2016年に引退した黒田博樹さん。
  
見開き1ページ丸々を自費掲載。
 
左のページには
「新打線・新井ブレーキ」
「流れを変えた空振り」
「盗塁の意欲裏目」
といった新井選手が成績不振の時の記事や
「悪循環のまま借金13」
「コイ稚拙もう結構」
といった広島の不振の記事
  
そして、左のページには一言
「結局、新井は凄かった。」
  
黒田さんの新井選手に対する愛の詰まった広告ですね。
  
新井選手が入団した1999年から
阪神に移籍する2007年
 
そして、黒田さんは1997年入団の
ドジャースに移籍する2007年
二人が被っていた1999年から2007年は
カープの暗黒時代。
  
この期間でカープの最高順位は4位
しかも1度だけで、他は5位もしくは6位。
つまり、最下位もしくは下から2番目の順位。
  
そして、2015年にお互いに広島に戻ってから
2016年に優勝
そこからリーグ3連覇
  
まさに、広島の栄光時代と暗黒時代を知る
二人だからこそ!!
  
阪神ファンの私としては、阪神でもっと活躍して
欲しかったですが、広島でのびのびプレーしている姿を
見ると、阪神や阪神ファンの空気が合わなかったのかな?
と思ってしまいますねw
  
もし、阪神で引退していたなら
「併殺打の多かった選手」
として引退していたかもしれません。
  
広島でもう一花咲かせて引退した
カープのお兄ちゃんとして引退したからこそ
このような素晴らしい選手としてファンの記憶に残って
いくのだと思います。
  
これは、新井選手の若手選手やファンを大事にする姿や
ベンチでも人一倍声を出す姿。日頃の行いの結果だと思います。
  
私も、最後は多くの方に愛されて引退できるように
今を懸命に頑張っていきます^^
みなさんと人生を豊かに^^
Kazuo
 

p.s.
満足度平均5/5の満点!!
『投資スクールEn』
本当の投資教育がここに!!

p.s.2
正しい知識を伝えるために
そういった情報も提供しています!
すぐに相談したいことがあれば、
私と友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です