============================
本文を読む前に
ブログランキングにご協力をお願いします!

=============================
仮想通貨交換会社である
テックビューロが本日20日、
不正アクセスによって
仮想通貨「ビットコイン」などが
流出したと発表しました。
  
テックビューロは、
仮想通貨交換所「Zaif」を運営している会社です。
  
金額にして67億円がわずか1時間ほどの間に
しかも1つの口座に振り込まれていたということです。
  
大型の資金流出事件は
「コインチェック」以来となります。
この時は約580億円です。
  
インターネットの普及により
そして、
ビットコインなどの仮想通貨の登場により
お金の定義が変わりつつあります。
  
今までをお金は
「国」が日本がお金だと保証を
することで価値が生まれ浸透して来ました。
  
つまりお金の価値の管理者は「国」になります。
だからこそ、戦争で負けたりした場合
お金の価値も暴落していました。
  
しかし、「仮想通貨」ビットコインは
具体的な管理者がいません。
取引者全員が管理者になります。
お互いが監視し合うことで不正が
働かないようにし、価値を維持する。
これがビットコインのお金です。
もちろん、リアルにお金がなく
インターネット上の数字でしか把握できません。
  
しかし、お金を使う以上
銀行の預金のような媒体や
リアルのお金と交換する換金所のような媒体が
必要になります。
  
そしてそれは
「仮想」通貨、つまり
インターネット上のみの取引だからこそ
ボタン一つで完結できてしまう簡単さもあれば
ボタン一つで奪われてしまう怖さもあります。
  
誰かが、セキュリティの甘い銀行に
ネット上で強盗するようなものです。
  
リアルのお金でしたら、
お金自体に重さもあり
抱え込むにも限度があります。
  
しかし、インターネット上の仮想通貨の場合
ボタン一つで『大金の移動』が可能になります。
  
その結果、日本の過去最高の現金被害額が
2011年立川市で起きた被害額6億円の
『立川6億円強奪事件』です。
  
今回のZaifの約67億円
前回コインチェックの約580億円
と比較しても違いがわかりますね。
  
そんな時代だからこそ
これからは、
『投資先の分散投資』だけでなく
『預け先の分散投資』も必要になって来ます。
  
自分のお金をいかに『守り』『増やす』か
防御と攻撃のバランスをしっかりと身につけておくことが
必要です^^
みなさんと人生を豊かに^^
Kazuo
============================
クリックを忘れていませんか??
ブログランキングにご協力をお願いします!

=============================
p.s.
今なら少人数限定に『特別価格』
で入会できます!!
『投資スクールEn』
自由にあなたらしく投資をする

  
p.s.2
正しい知識を伝えるために
そういった情報も提供しています!
すぐに相談したいことがあれば、
私と友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です