クリックのご協力をお願いします

 

アリババ創業者であるジャック・マー会長が

自身の54歳の誕生日である10日に
引退することを発表しました。

 

2016年の調査で日本の『新任』CEOの平均年齢が61歳であることを

考えると、どれだけ早い引退かがわかりますね。

(引用:PwCネットワークのStrategy&「第17回CEO継承調査」)

 

今後は、教育分野の慈善事業に専念するそうです。

「大した考えなしにビジネスをはじめたが、

それが20年にもなってしまった。これで教師に戻ることができる。」

「いつの日か、それも近いうちに、

教育の世界に戻るつもりだ。

アリババのCEOでいるより、

私にはずっとうまくできると思う」

 

元々英語教師でもあった、ジャック・マーさんは

教育分野へ戻るつもりでいたようですね。

 

実は、マーさん自身が

中国の大学統一試験で2度も失敗した経験があり、

その経験から、教育への熱も冷めていなかったのだと思います。

 

自分の好きなことをやるために

ビジネスを全力で取り組み成功し

その後、好きなことをする。

 

自分の決めた道を20年も見失わず

そして、自分の地位を潔く退く姿は、

本当にカッコいいですね。

 

「良い学生と思われていなかった私だが向上することができた。われわれは常に学び続ける。私はこのことに最も多くの時間を注いでいきたい」

マーさんのこの言葉の通り

 

私も常に学び続けていこうと思います!!

 

みなさんと人生を豊かに^^

 

Kazuo

クリックのご協力をお願いします!!


入会案内はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です